• 「離れ 肱山」 緩やかにカーブを描く濡れ縁が部屋の風情を気付かせてくれます。十畳二間のゆっくりとしたお部屋で低い石亭キューブチェア―に身を置いて足を伸ばせば、庭の中央の松や回遊する池の水面のさわやかな景色を取り込んでいます。月見の間とも呼ばれる風流な部屋です。奥にある風呂の黒い塗り壁の出窓には、木村繁之のオブジェがほの暗く灯っています。
  • 月見の離れ
    • 縁側にキューブソファーを持ち出して、月を眺めながら乾杯される方が多くいらっしゃいます。軽くて移動が楽なキューブソファーは和室用に考案した石亭のオリジナルチェアーのひとつです。
  • ほの暗いお風呂
    • 烏(からす)風呂とも呼んでおりますが、真っ暗な中にアロマセットとローソクに音楽、リラックスしてご入浴いただけます。
 

離れ 肱山  kouzan

定員 2~4名
お食事 ご夕食はお部屋食  ご朝食は母屋広間のお席にて
間取り 10畳主室 10畳次の間 庭を一望にする縁側
広さ 76㎡

 

 

肱山部屋図面